植物から作物を育てる。 自然環境に近づけた農法で愛情を込めて育てたからこそ、安心・安全で旨い。「ムムムっ」とうなる「ムムム農家」の作物をご賞味下さい。

ムムム農家の直送便の特長

化学物質を徹底的に排除した安全な野菜

農薬を使わず、化学肥料を使わず、動物性肥料(家畜の糞)も使わず栽培した、まさに「植物から育てた作物」です。
ムムム農家の直送便では、農薬」「化学肥料」「動物性肥料」で栽培した「ムムム野菜」のみを取扱っています。
化学物質過敏症の方でも安全に美味しく召し上がって頂いている作物です。

ムムム自然栽培農法で育てた野菜
ムムム自然栽培農法で育てた野菜

収穫したその日に発送する鮮度の良い野菜

野菜の旨さは鮮度が重要です。
ムムム農家の直送便は、生産農家から仕入れて販売しているのではなく、生産農家が直接お客様に野菜を届けています。
午前中に収穫した野菜を、午後には宅配会社に手渡し、早くて翌日にはお客様の手元にお届けしています。

農家だからこそできる情報公開で安心感のある野菜

ムムム農家の直送便では、農法から畑の状態、担当者、栽培過程まで作物栽培に関するあらゆる情報を公開しています。
そうした情報を元にお客様自身が納得、安心し「ムムム野菜」を選択して頂けるように、開かれた農家を目指しています。

農場体験を取材する風景

化学物質を徹底的に排除した安全な野菜

ムムム農家の直送便では、安全性にこだわったムムム農法で育てた商品を販売しています。
ムムム農法とは、農薬」「化学肥料」「動物性肥料」を実践した農法であり、それぞれの頭文字の「(ム)」を3つを取って名付けた農法です。

有機JAS規格に基づく有機農業では、認可された農薬を使用することが可能ですが、ムムム農法では農薬を一切使用していません。また有機肥料においても動物性の肥料(牛糞、豚糞、鶏糞)を使用していません。
動物性肥料( 牛糞、豚糞、鶏糞)を使用しない理由は、畜産農家が家畜を育てる際に与える抗生物質やホルモン剤が糞に含まれている可能性があり、それらを肥料として畑に利用することで化学物質が土や作物に残る可能性があるからです。また、動物性の肥料(牛糞、豚糞、鶏糞)には家畜が持っている病原菌が含まれている可能性があり、糞が完熟堆肥でない状態のまま畑に投入してしまうと作物に影響を及ぼす可能性があるからです。

ムムム農法では、危険かつ不要な資材を省き、より自然の状態(山の生態系)に近づけた「安心・安全」な農法であると考えています。

ムムム自然栽培農法で育てた野菜

慣行栽培 - 農薬 - 化学肥料 - 動物性肥料 = ムムム農法 →  不要な資材を省き、山の生態系に近づけた農法

収穫したその日に発送する鮮度の良い野菜

栽培した野菜の収穫風景

野菜の旨さは鮮度が重要です。
どんなにブランド野菜でも鮮度が悪ければ美味しくはありません。
スーパーや宅配会社の多くは各地の農家で栽培した野菜を市場や集荷場に集荷して、その後店舗に届けたり各家庭に届けています。
これに対してムムム農家の直送便では、ムムム農家が直接お客様にお届けしています。
午前中に収穫した野菜をすぐに箱詰めし、その日の内に宅配会社に手渡します。そうすることで、鮮度の高い野菜をいち早くお客様にお届けでき、美味しく召し上がって頂くことができます。

収穫してからご自宅までお届けまでの日数比較 ムムム農家の直送便は、収穫からお届けまで最短で1日から2日!鮮度の良い野菜を宅配いたします。

農家だからこそ提供できる情報公開で安心感のある野菜

ムムム農家の直送便では、お客様が安心してムムム野菜を召し上がって頂けるように情報公開に務めています。

情報公開1

外部の検査機関に依頼し、各農家の圃場検査を実施しています。
それらの結果をWeb上にて公開しています。 ※圃場(ほじょう)とは作物を栽培している田畑のことです。

情報公開2

外部の検査機関に依頼し、栽培した作物の検査(残留農薬検査、放射性物質の検査)を実施しています。 それらの結果をWeb上にて公開しています。

情報公開3

作物の生育状況や畑の状況、栽培担当者からのコメントなど栽培に関する情報をFacebookやブログを通してお伝えしています。
また、実際に野菜を食べて頂くお客様自身の目でも安全性を確認して頂けるよう、全ての農園で見学会を行なっております。※農園見学のお申し込みフォームは現在準備中です。